Writeup!

全てのWebサイトを豊かに活性化するお手伝いをするメディア。Webマーケティングツール・最新SEO情報・Webコンサルティングまで。

まとめニュース

モバイルフレンドリーとは何かを徹底分析!

SEO最新情報


モバイルフレンドリーとは?

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
《2015年2月27日(金)Google公式ブログからの発表》

Googleでは、4月21日より、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Googleの
検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

モバイルフレンドリーとは、ユーザーがスマートフォンでサイト閲覧する時に、スマートフォンに合った適切な表示ができるよう、最適化できている事を言います。また、最適化で来ているサイトは検索結果に「スマホ対応」という表示が出るようになります。

 

具体的な基準について細かく調べる事もできますが、もっと簡単に調べる方法として「モバイルフレンドリーテスト」があります。

 

《モバイルフレンドリーテスト》
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

下記URLを開き、チェックしたいサイトのURLをボックスの中に入力し、「分析」ボタンをクリックすると10秒程度で自動的に判別してくれるとても便利なツールです。

こちらで「問題ありません」と表示されれば、皆様のサイトはモバイルフレンドリーであるとGoogleに認定されたことになります。一方、「モバイルフレンドリーではありません」と表示されてしまった場合はGoogleが皆様のサイトはモバイルでの表示に適していないと認定されてしまったことになります。

 

今回の4月21日は、この「モバイルフレンドリーテスト」をクリアできていれば検索順位に影響はなく、そうでない場合に影響が出ると言われておりますので、まずは一刻も早くチェックしてみてください。(その際は、PCページのURLを入力してください。)

 

 

「モバイルフレンドリーではない」と認定されてしまった場合

 

 

モバイルフレンドリーテストでは「モバイルフレンドリーではない」と認定された場合、具体的にどこに問題があるのか、についても指摘してくれます。また、Googleウェブマスターツールの中では「モバイルユーザビリティの問題」でモバイルフレンドリーではないページに対して警告メッセージが2014年12月より頻繁に届くようになっており、ウェブマスターツールの項目「検索トラフィック」の中にある「モバイルユーザビリティ」で具体的な問題点「ユーザビリティーエラー」を指摘してくれるようになりました。

 

また、Googleからは「モバイルユーザー向けにサイトを最適化するための情報」が下記サイトで提供されていますので、こちらも是非参考にしてください。

 

《モバイルフレンドリーウェブサイト》
https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/?hl=ja

 

これらの項目について確認し、改善を行うことでモバイルフレンドリーとして認められるようになります。

また、最も確実な方法としては上記の要件を満たした「スマホ専用ページ」を作成して、スマホユーザーが閲覧する際に正しくリダイレクトさせる事が挙げられます。

 

このような対策を行われたうえで、再度モバイルフレンドリーテストをクリアして頂く事が目標となります。

 

実施されるまでにしておくべきポイント

 

皆様のサイトは、スマートフォン対応はしっかりとできておりますでしょうか?
まだの方は、残り時間が限られている中でできる限りの対応をお勧めいたします。

その際のポイントとして、実は今回の件は、ドメイン単位ではなく「ページ単位」である可能性が高いという説が強いと言われております。そのため、Topページだけ対応すればよい、というわけではないですが、ある程度対象ページに優先順位をつける事もできるのでは、と考えられます。(たとえば、Googleアナリティクスで「ユーザー数」「PV数」などが多いページや「コンバージョン」を稼いでくれているランディングページ、など)

 

もちろん、全てのページを対策することが理想ですが、まずは4月21日までに重要なページからできる限り実施し、21日以降も随時対応していきましょう。

 

 

ライタープロフィール

 

松岡佑季:株式会社ライトアップ メディアグループ サービス開発局

 

2004年 専修大学卒業後、某教育企業に入社。
・運営担当からスタートし、その後マーケティング業務を担当。
その過程で、インターネット広告に強く興味を持つ。

 

2008年 インターネット企業に転職し、キャリアチェンジ。
・2社のインターネット企業を経て、新規事業担当→販促→セールス&マーケティングと現在までに担当。
個人活動では、ITメディアオルタナティブブログを含めた各種メディアのライティング業務にも従事している。

 

 

side_photo


                                                     

【無料】最新webツール提案資料、デモID

                           

最新webツールの詳細、提案資料、デモIDを共有します。
自社サイト活性化、顧客への提案にご活用下さい。


・SEOツール
・リスティング運用ツール
・Googleアナリティクスレポートツール
・リスト作成ツール
・スマホ解析ツール


など、ホームページの売上をアップさせる為に
役に立つwebツールのまとめ資料を送付します。





【無料】最新webツール勉強会


最新webツールの勉強会を定期的に開催しています。
実際の具体的な活用事例を当社コンサルタントが熱弁しています!

基礎的な内容は勿論ですが、
すぐに活用出来る実践的な内容もお伝えしています。

ご都合が良いセミナー日程にお気軽に参加予約を
してみてください。









関連記事

                          
                  
                  

コメントを投稿する

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となります。




次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

facebook シェア google-plus シェア hatena シェア feed登録 twitter シェア

03-5784-0701

メール問い合わせ


パートナー募集


カテゴリー

ランキング

このサイトについて

全てのWebサイトを豊かに活性化するお手伝いをするメディア。Webというと専門的な知識や数値の分析が必要、最新情報を常に追いかけないといけないというイメージをお持ちではないでしょうか。

確かに、上記は必要です。ただ、ちょっとしたコツや調べ方一つで、自社のWebサイトを豊かに活性化することが可能です。Webマーケティングツール・Googleアナリティクス・最新SEO情報・Webコンサルティングを全ての人に分かりやすく発信しております。そのお手伝いをするのが、ライトアップが提供するクラウドコンサルメディアです。

Copyright (c) Writeup.co., Ltd. All rights reserved.